ネクタイの種類と効果とは?スーツとの組み合わせ方も解説

スーツのコーディネートを考える際、ネクタイは非常に重要な役割を果たします。
しかし、具体的にどのようなネクタイを利用すればいいのかなやむかもしれません。

そこで今回の記事では、ネクタイの主な種類や特徴、スーツとの組み合わせ方などを紹介します。
ぜひこの記事でネクタイの基本情報を把握し、ネクタイの柄や色を活用できるようになりましょう。

ネクタイの主な種類と特徴

ネクタイにはさまざまな種類があり、「ナロータイ」や「ジャカードタイ」、「ニットタイ」などがあります。
それぞれどのような種類なのか、1つずつ見ていきましょう。

ナロータイ

「ナロータイ」は、大剣の幅が4cmから6cmほどのネクタイです。
「レギュラータイ」と比べても幅が細く、洗練された雰囲気を感じられます。
そのため、スタイリッシュなネクタイを探している方にはぴったりな存在です。

ただし、カジュアルな雰囲気も感じられることから、ビジネスシーンではあまり向いていません。
そのため、もし「ナロータイ」を利用したいのであれば、パーティーといったカジュアルシーンに取り入れるのがおすすめです。

ジャカードタイ

もしオーソドックスなネクタイを探しているのであれば、「ジャカードタイ」が良いかもしれません。
ジャカードタイはさまざまあるネクタイの種類の中でも、特に基本的なものです。
なお、大剣の幅は7cmから9cmです。

ちなみに、「ジャカードタイ」は「ダービータイ」と呼ばれることもあります。
これはイギリス貴族のダービー卿が、競馬を楽しむ際に「ジャカードタイ」を用いていたことが理由です。

ニットタイ

「ニットタイ」は通常のネクタイよりも立体的で、編み込まれていることから暖かさを感じられるでしょう。
また、先端はスクエアエンドという水平にカットされたデザインで、通常のネクタイとは見た目が異なります。

「ニットタイ」は、スーツスタイルにもカジュアルスタイルにも取り入れられるネクタイです。
あまりフォーマルなものでもないため、気軽にカジュアルなシーンで活用するのがおすすめです。
なお、マフラーと同じく吊るして保管しておくと伸びてしまうため、丸めて保管するようにしましょう。
そうすることで、きれいな状態を維持できます。

フレスコタイ

夏にネクタイを着用するのであれば、「フレスコタイ」がおすすめです。
「フレスコタイ」はメッシュ生地が使用されているものであり、透け感の美しさが魅力です。
なお、フレスコはイタリア語で「新鮮」や「涼しげ」などの意味があります。

上記で紹介したように「フレスコタイ」は涼しげなネクタイであるため、夏の時期によくスーツを着る方に向いています。
しかし、夏は汗をかきやすい影響でネクタイが汚れやすくなることに注意しなければなりません。
そのことを踏まえて、複数本用意しておくのが良いでしょう。

ボウタイ

「ボウタイ」と聞いてもイメージがない方が多いと思いますが、「蝶ネクタイ」といえばすぐにイメージができるはずです。
「ボウタイ」は「蝶ネクタイ」と呼ばれるものであり、通常のネクタイとはサイズもデザインも異なります。

「ボウタイ」はビジネスシーンには向いておらず、もっぱらフォーマルなシーンで用いられます。
ただ、現在ではコーディネートにも取り入れられるようにもなりました。

ネクタイの色や柄が与える効果

ネクタイにはさまざまな色や柄がありますが、その内容によって相手に与える効果が異なります。
これからネクタイを買うのであれば、そこまで考慮した上で購入してみましょう。

例えば赤のネクタイの場合、積極敵や情熱的などの印象となります。
一方で灰色は大人っぽく、冷静や穏やかさをアピールしたいときにおすすめです。

柄にもそれぞれ効果があり、例として細いストライプ柄のネクタイはフレッシュで知的な雰囲気となります。
また、小紋柄は柄の大きさで印象が変化し、大きい柄はカジュアルっぽさが出て、小さい柄はクラシックな印象を相手に与えられます。

シーン別!スーツとネクタイの主な組み合わせ方

ネクタイとスーツの組み合わせは数多くあるため、どの組み合わせがいいのか迷うかもしれません。
そこで主なシーン別に、主な組み合わせを紹介します。

就活や転職の場合

就活や転職でスーツを切る場合、ネクタイは紺の同色系コーディネートがおすすめです。
ネクタイは紺色のストライプ柄で濃紺色のスーツという組み合わせは、真面目で清潔感が感じられます。
どの企業でも通用できるコーディネートであるため、就活や転職時のコーディネートで迷った際におすすめです。

また、落ち着いたダーク系の色のスーツに赤のネクタイという組み合わせも良いでしょう。
真面目さもアピールできる上に、赤色のネクタイによる情熱感も伝えられます。

会議やプレゼンの場合

会議やプレゼンの場合には、赤入のストライプネクタイに紺色の無地スーツを組み合わせたコーディネートがおすすめです。
熱意も感じられる上に、信頼性も相手に与えられます。
その上、紺色ということもあって真面目っぽさも感じられるようになるでしょう。

他には、赤の無地ネクタイに明るめのグレースーツという組み合わせも良いでしょう。
スーツを地味なものにすることで、赤のネクタイが目立ち、印象に残りやすくなります。

商談や契約の場合

商談や契約の場合には、落ち着いた雰囲気や知的な雰囲気を演出するのがおすすめです。
例として小さめのドット柄の紺色ネクタイと紺色スーツという組み合わせは、落ち着いた雰囲気や上品さ、誠実感のあるコーディネートです。

また、ストライプ柄の灰色ネクタイに暗めのグレースーツなら知的な雰囲気や上品さを感じられます。
商談や契約の場合は相手に良い印象を持ってもらう必要があるため、できる限り品のあるコーディネートにしましょう。

結婚式の場合

結婚式の場合には、白ネクタイにブラックスーツという王道のコーディネートがおすすめです。
スーツ自体は立場によって異なりますが、基本的にはこのコーディネートが王道とされています。

また、白ネクタイではなく薄いピンクのネクタイとブラックスーツを組み合わせるのも良いでしょう。
ピンクのネクタイにすることでおしゃれな雰囲気が出る上に、お祝いの気持ちも表現できます。

スーツを買うならオーダースーツで

ここまでネクタイのことをメインに紹介しましたが、スーツのことも考えるべき存在です。
どれだけネクタイが良いものでも、スーツが自分の体にフィットしていなければ、着心地が良くないものとなります。
もしこれからスーツを購入するのであれば、オーダースーツを検討してみてはいかがでしょうか。

オーダースーツは自分のこだわりを詰め込める

オーダースーツの魅力は、じぶんのこだわりを詰め込めることが挙げられます。
オーダースーツでは、デザインや生地などを指定できます。
そのため、自分の理想的なスーツを着てみたい方にとっては、ぴったりな存在でしょう。

オーダースーツならSADAが良い理由

もしオーダースーツが欲しいのであれば、「SADA」へ足を運んでみましょう。
「SADA」はリーズナブルな価格でオーダースーツを仕立ててもらえるところで、多くの著名人のスーツを仕立ててきた実績もあります。
安いからこそ初めての方でも利用しやすいため、この機会に人生で初めてのオーダースーツを購入してみてはいかがでしょうか。

スーツだけではなくネクタイのことも考えよう!

今回はネクタイの種類や色などについて紹介しました。
ネクタイにはさまざま種類があり、色や柄によって相手に与える印象が異なります。
もしこれからネクタイを買うのであれば、それらのことを含めて選んでみましょう。

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。