• HOME
  • ブログ
  • 未分類
  • 【不快な夏もこれで快適】夏用スーツ、おすすめの選び方や着こなし徹底解説!

【不快な夏もこれで快適】夏用スーツ、おすすめの選び方や着こなし徹底解説!

夏は何もしていなくても汗が出てくる季節のため、できることなら快適に過ごしたいと思うのは自然なことです。

普段からスーツを着て仕事をしている方にとっては、夏は非常に厄介な季節のひとつです。できればスーツなんて着たくないという方がほとんどではないでしょうか。しかし、現実はそうもいきません。どうにかして、この不快な季節を快適に乗り切る方法はないかと考えている方も多いはずです。

そこで、

「スーツなんて、暑くて着ていられない」

「夏を乗り切るためのいい方法はないのか」

と考えている人のために、この記事では、夏用スーツを選ぶ際のポイントやおすすめの着こなし方法について解説していきます。

それでは見ていきましょう。

季節ごとのスーツ

スーツはシーズンによって快適に過ごせるように、それぞれの季節に合うような商品が販売されているのが特徴です。一般的には、「春夏用」「秋冬用」「オールシーズン用」の3パターンに分かれています。

季節ごとに違うスーツですが、どのような違いがあるのでしょうか。それぞれ特徴的な部分を例に挙げて、違いを解説していきますので見ていきましょう。

生地

まずは、生地の違いについて解説していきます。生地には春夏用と秋冬用の生地が存在しており、それぞれ大きな違いがあります。

一般的に春夏用の生地は薄く、織り方が粗いのが特徴的です。生地の密度が薄く、風通しのいい作りになっています。

それに対して、秋冬物の生地は全体的に厚く作られており、織り方がきめ細かい織り方となっています。生地自体の密度が濃く、風を通しにくいような工夫がされているのが特徴的です。

オールシーズン用の生地は、春夏用と秋冬用のちょうど間をとって作られています。生地は厚すぎることもなく、適度な厚さに作られており、1年を通して着れるような作りが多いです。

オールシーズン用のスーツは、綾織りといわれる織り方で作られています。綾織りは、たて糸とよこ糸を2本ずつ抜かして織られており、近くで見ると斜めに織られているように見えるのが綾織りの特徴です。

裏地

続いて裏地に関して見ていきましょう。

スーツの裏地は、ジャケット全面に裏地が施されている「総裏」といわれる仕様が一般的とされています。

近年では季節によって裏地を替える方が非常に多くなりました。秋冬の寒い時期には保温性、保湿性に優れた「総裏」を採用しているスーツが一般的です。春夏の暑い時期には、肩や背中の上部以外の部分に裏地が施された、通気性のいい「背抜き」を採用したスーツが目立つようになりました。

そもそも、裏地は季節や気温によって替えるものではなく、

・湿気や痛みなど、スーツへのダメージを軽減する

・滑りをよくして着心地を向上させる

などの役割があります。

しかし、そういった役割よりも、季節を快適に過ごすうえでとても大切な要素という印象が広まり、季節に合った裏地を採用するケースがほとんどとなりました。

時代とともに、春夏の暑い時期には背抜きのスーツ、秋冬の寒い時期には総裏のスーツが一般的に広まっています。

色はシーズンによって合う合わないがあります。

春夏用のスーツは、秋冬用のスーツと比べると明るめの色が使われることが多いです。主に薄いグレー、薄いネイビー、ベージュなどが一般的に採用されています。

反対に秋冬用のスーツにはダークネイビー、濃いグレー、ブラック、ダークブラウンなど暗めの色が使われることが多いです。

季節によって色合いを替えることはいいことではあります。しかし、ビジネススーツは落ち着いた色味のスーツが一般的なため、明るすぎてしまうとカジュアル感が強くなってしまいます。そうなってしまうと相手に悪い印象を与えてしまう場合も考えられるので、しっかりとTPOを意識したスーツを選ぶことが大切です。

夏用スーツを着るタイミングは?

春夏用のスーツ、秋冬用のスーツが存在しますが、どういったタイミングでスーツのスタイルを変更するべきなのか悩まれている方も多いです。

「夏用のスーツを着るタイミングがわからない」

「何月からスーツの衣替えをするべきなのか」

と考えている方も多いのではないでしょうか。そのような方のために春夏用のスーツに衣替えするタイミングを紹介します。

ずばり、春夏用のスーツを着るタイミングとしては、4月を中心にした3月〜5月の間がベストです。この時期は桜の開花時期や入学シーズンなど、暖かくなり始める時期のため、スーツの衣替えには最適なタイミングといえます。近年では3月中でも暑い日があったりと、気温の差が激しくなり、春夏用スーツを着るタイミングに悩む方が、多くなってきた傾向にあります。

この時期から春夏用を着ないといけないというものはありません。暑さや寒さの感じ方はひとそれぞれのため、タイミングに困ってしまう方も多いでしょう。そんな時は、気温が20℃以上になったら夏用を着るといったように、気温の目安を決めておく方法がおすすめです。タイミングに困ることなく、スムーズに夏用スーツへ移行できるでしょう。

夏用メンズスーツを選ぶときのポイント

夏用スーツを着るタイミングのコツを紹介しました。

そこで、夏用のメンズスーツをこれから買いたい、新調したいという方はどのようなスーツを選べばいいのでしょうか。スーツの種類も多く販売されていて、何を買ったらいいのかわからないという方もいると思います。そんな方のために、夏用メンズスーツを選ぶ際のポイントなど、選び方について詳しく解説していきます。

それでは見ていきましょう。

生地

まずは、スーツの生地について説明していきます。

スーツ生地には多くの種類が存在しており、素材によってさまざまな特徴があります。どんな生地を選んだらいいのか迷う方も多く、選択に困る方も多いです。そのような方のために、ここでは夏用スーツのおすすめ生地を5つ紹介します。

・強撚(きょうねん)ウール

強撚とは、「撚(よ)りをかける強さが強い」ことを指します。簡単に説明すると、撚りとは糸をねじり合わせることを意味しており、強く撚りをかけたものを強撚と呼びます。

この強撚の糸を使った生地は水分の吸収、乾燥に優れているのが特徴です。強く撚りをかけた糸は耐久性に優れており、生地が薄くなっても問題がない優秀な生地になっています。夏用スーツに多く使われているため、夏用スーツを代表する生地といえます。

・リネン

リネンはカジュアルなアイテムの夏素材としては定番ですが、スーツで使われる場合もあります。スーツの生地として使う場合は、ウールと混ぜた生地にすることでビジネスでも使える素材に変化させて使用します。

リネンの特徴は丈夫で長持ち、肌触りがいい、汚れにくい、吸水性に優れている、通気性がいいなどが挙げられ、夏におすすめの生地のひとつです。

・コットン

コットン素材のスーツは吸湿性、保湿性、通気性に優れており、さらっとした着心地が特徴です。コットン素材を使用した衣類はどうしても、カジュアル感が強くなってしまう傾向にあります。しかし、近年ではスーツにも頻繁に使われるようになり、活躍の幅が広がってきた素材です。

夏にぴったりの素材という印象が強いですが、春夏用だけでなく、秋冬用やオールシーズン用など幅広く活躍する素材です。

・ホップサック織り

ホップサックと呼ばれるようになったきっかけは、ビールの苦みの原料でもあるホップを運ぶのに使われた麻袋がこの織り方だったことが始まりです。ホップサック生地は、かごの目状に織られているのが特徴で、生地のメリットとしては、軽くて通気性に優れている点が挙げられます。

主に、夏用の単品ジャケットなどに使われることが多いですが、最近ではスーツの生地としても注目を集めています。ホップサックを用いたアイテムは、価格に対して高いコストパフォーマンスを発揮する生地として多くの方から人気です。

・シアサッカー

シアサッカーは「しじら織り」とも呼ばれており、夏用の衣類に使われることが多い生地です。主に、綿で作られていることが多く、縦糸を強く張ったものと弱く張ったもので交互に組み込んでいく織り方となっています。シアサッカーの生地は表面が凸凹しており、ザラザラした肌触りが特徴です。このザラザラとした凸凹の表面によって、肌との接地面積が少なく、通気性に優れています。

もともとは、カジュアルウェアやパジャマなどに使われることが多かったのですが、最近ではスーツなどのフォーマルな洋服にも使われるようになりました。夏用のスーツに使われることも多くなった生地のひとつです。

裏地

ジャケットの裏地の役割は、着用する際の滑りをよくする、生地へのダメージを軽減させる、などが挙げられます。ほとんどのスーツジャケットには裏地が付けられており、シーズン用のジャケットによってタイプの違う裏地が使用されているのが特徴的です。

例えば、秋冬用のスーツには全面に裏地が施されている「総裏仕様」が一般的で、上記の役割のほかに保温性なども兼ね備えたものになります。

各シーズン用で大きな役割をはたしている裏地ですが、春夏用のスーツでも例外ではありません。夏用のスーツにとって、裏地は快適に過ごすために大きく関係してくる要素のひとつと言えます。

そこで春夏用のスーツに合う裏地を紹介しますので見ていきましょう。

・背抜き仕立て

背中部分に裏地がないタイプになります。

背抜き仕立てのメリットとしては、背中に裏地がない分、風通しが非常によくなり、ジャケット内に湿気がたまりにくい仕様になっています。ジャケットを着ていると、どうしても背中部分が蒸れてしまうことが多くありますので、蒸れを解決する方法としておすすめの裏地です。ジャケット自体が軽量になるため、春夏用のスーツで多く採用されている裏地となっています。

逆にデメリットとしては、生地が薄くなる分、痛みやすいことが挙げられますが、お手入れをしっかりすることで対策できます。

・半裏仕立て

半裏仕立ては、上記に背抜き仕立てよりもさらに軽量にした裏地です。

総裏の場合は、背中部分の裏地が全体的に縫いつけられていますが、着丈の半分から下部分の裏地を、縫いつけないものを「半裏仕立て」と呼んでいます。背中部分に湿気や熱がこもりにくい作りとなっているので、夏用スーツの定番といえる仕立て方になっています。

裏地だけではなく、表地や内部の芯地も薄手となるので、全体的に軽い作りになっているのが特徴です。

デメリットとしては、背抜き仕立てよりもさらに薄くなっているので、痛みやすくなっている点に注意が必要です。しかし、普通に着る分には問題ない耐久性なのでそこまで気にする必要はありません。

・アンコン仕立て

聞く機会が少ないであろうアンコン仕立てですが、肩のパッドや芯地などの副資材をできるだけ減らし、軽くて着心地をよくするように作られたのがアンコン仕立てというものになります。快適さを重視した裏地の仕立て方です。

肩パッドや厚い裏地がない分、きれいなシルエットに仕上がるのが特徴です。軽く着回しが楽な点や夏の暑い時期に涼しさを感じられる点が最大のメリットとして挙げられます。

一方、肩パッドや芯地、裏地が少ないことでカジュアルな印象を与えてしまうこともあります。そんな時はTPOをしっかりと意識したコーディネートをすることで、対策ができるのでスーツ選びのひとつとしてもおすすめです。

スーツ選びではスーツの色を何色にするかによって、相手に与える印象が大きく変わってきます。これは季節によって、適切な色を選択する必要があります。

色選びでどんな色のスーツを着たらいいのかわからない方や、スーツでは一般的な黒やネイビーしか着たことがないという方のために夏におすすめの色を紹介していきますのでチェックしてみてください。

春夏スーツの色選びは、秋冬と比べて明るめの色がおすすめです。

例えばベージュやライトグレー、ブルーなど、夏には比較的明るめのトーンがぴったりです。相手には涼しそうな印象を与えることができ、季節を意識した清潔感のあるコーディネートが可能になります。

逆に秋冬などに定番の濃いネイビーやブラック、ダークブラウンなどは、色も濃く重い印象を与えます。冬の寒い時期では濃い色が主流ですが、夏では暑苦しい印象を与えてしまうので、おすすめできません。

明るめの色を選ぶことによって、カジュアルな印象を持たれる可能性も考えられます。そのようなときは、シャツやネクタイなどでフォーマルさをアップできるアイテムを取り入れることで、カジュアル感を和らげることが可能です。

機能性

・自宅で洗濯が可能な「ウォッシャブル」機能

夏のスーツ着用は非常に汗をかきます。当然ですが汗をかくたび、クリーニングに出すわけにもいきません。そんな時に嬉しい機能が「ウォッシャブル」機能です。このウォッシャブル機能は自宅で洗濯ができる機能で、洗濯の際に気になるシワが付きにくかったり、糸がほつれにくくなっていたりと、非常に便利な機能です。

いつでも自宅で洗濯ができるため、たいへん衛生的です。それに加えて、クリーニングに出す手間も省けて、非常に経済的な一面も持っています。衛生的、経済的とメリットがとても大きいので、夏用のスーツにぜひとも欲しい機能です。

・抗菌、消臭加工

汗をかいたときにすぐ乾くからといって、そのままにしておくと雑菌が繁殖してしまうリスクが高まります。雑菌をそのままにしておくと、生乾きのような臭いを発生させてしまいます。

嫌な臭いを発生させないためにも抗菌、消臭加工がされている生地はおすすめです。暑苦しい夏にスーツを着る機会が多い方にとっては、欲しい機能のひとつといえます。

・防シワ加工

夏では、クールビズなどの取り組みや室内外での気温の変化が激しいこともあり、ジャケットを脱ぐ機会が多くなります。そうなったときにジャケットを持ち歩いて移動する機会が増えるのも自然なことです。ジャケットを持ち続けているとシワになることが多く、シワになった状態で着てしまうと、ビジネスマンとしての見た目があまりよくない状態になってしまいます。

防シワ加工がされているスーツであれば、持ち続ける時間が長くても、シワを気にすることなく移動できるので安心です。

・吸水速乾

吸水速乾機能が付いているスーツは、湿気や汗を素早く吸い取って蒸れさせない特徴があります。速乾機能は、気化熱作用によって涼しさを向上させるメリットもあるため、非常に欠かせない機能です。この気化熱は、水分を蒸発させるときに周りの温度を下げる働きがあり、夏に人気の機能となっています。

最近では、速乾に優れたCOOLMAXを採用したスーツなども販売されています。このCOOLMAXはスポーツウェアなどに使用されることが多い機能で、スーツに取り入れられることも増えました。スーツスタイルでの、クールビズには欠かせない機能の一つになったといえます。

夏用レディーススーツを選ぶときのポイント

スーツを選ぶにあたってメンズ、レディースでは違いがあるのでしょうか。

基本はメンズスーツの選び方と変わりはありませんが、レディーススーツならではの選び方も存在しますので紹介していきます。

軽くて薄い生地

レディースの夏用スーツでは、軽くて薄い生地がおすすめです。特におすすめが夏用のウール生地です。夏用のウールは通気性がよく、さらりとした肌触りが特徴です。生地が柔らかく、刺激が少ないこともあって、レディーススーツでは人気がある生地となっています。

その他には、夏の季節感を出したいという方は、コットンやリネンなどの素材もおすすめです。コットンやリネンの生地には、特有の凸凹感が施されているため、肌に必着しづらくなっています。そのこともあって、べたつかずにスーツを着用することができます。

袖丈

メンズスーツにはないレディーススーツだけの特徴が袖丈を選べる点ではないでしょうか。

一般的にスーツは長袖が基本となっていますが、レディーススーツだけは七分袖が存在します。七分袖にすることのメリットは、涼しさを得られること、手首が出ることによって細身に見える効果がある、などではないでしょうか。女性にとってはとてもうれしいメリットとなるので、女性から多くの支持を集めています。

夏にスーツを着るときの注意点

どんなに暑い夏でも、ビジネスの場ではスーツを着ないといけない状況も存在します。そこで、スーツを着る際にやってしまいがちなことを紹介していきます。なぜ、その行為がいけないのかなどを含め、夏にスーツを着るときの注意点を紹介していきますので見ていきましょう。

シワになりやすい

夏時期のスーツ着用は、お世辞にも快適と呼べるようなものではありません。暑い夏はジャケットを脱ぐ機会が多くなります。ジャケットを脱いだ状態で、手に持っている時間が長くなるとシワになりやすく、スーツの劣化につながります。

そこで、スーツを脱ぐ機会が多い場合は、ジャケットを脱いだ際にこまめにハンガーがけをするなどの対策が必要です。出先などでハンガーがない場合は、自宅に帰ってからアイロン掛けなどのケアが必須になってきます。

大切なスーツを長く着用したいのであれば、しっかりとしたスーツのケアが必要になって来るので、チェック項目などを作ってケアの仕方を一覧にしておくととても便利です。

カビの原因

室内であれば冷房がかかっているので、さほど汗をかく心配もありません。しかし、ひとたび外に出ると灼熱の太陽にジリジリと照らされます。太陽にさらされていると否が応でも、汗が吹き出し、大量にかいた汗はスーツの生地が吸い取ってしまいます。

スーツが汗を吸うことで、湿ってしまっても気温が暑いのですぐ乾くと思い、そのままにしておくとカビなどにつながり、衛生的によくありません。

汗を吸って湿ってしまったスーツは、自宅で洗濯が可能であれば洗濯をしたり、定期的にクリーニングに出したりと、スーツのケアをしっかりすることをおすすめします。

ジャケットはなくてもOK?

スーツのコーディネートはジャケットとパンツが一般的です。しかし、暑い夏にジャケットを着たくないと思う方も大勢います。しかし、暑いからといってジャケットを脱いでしまうと、相手に対して失礼な印象を与えかねません。夏の暑い時期に、ジャケットを脱いでもいいのかという疑問を持つ方もいます。

前提として、環境問題に対する取り組みなどによって日本では、クールビズといった取り組みが誕生しました。このクールビズは「夏場の軽装による冷房節約」を目的に、2005年4月の一般公募からクールビズと命名され、そう呼ばれるようになりました。クールビズは電気代の節約などに大きく貢献し、今でも多くの会社で取り組んでいる政策になっています。

このクールビズ期間中であれば、ジャケットを着用しなくても問題ないようになりました。サンダルやハーフパンツなど、ラフすぎる服装はNGですが、ジャケットやネクタイを着用しないことに関しては今では当たり前となっています。

クールビズの着こなしとは?

「ジャケットを着なくてもいいことはわかったけど、着こなし方がわからない」

「なにかおすすめの着こなしはあるの?」

と考える方が多いのも事実です。

そう考える方のためにクールビズ期間中の着こなしを紹介しますので参考にしてください。

シャツ&ノーネクタイ

クールビズでの最も定番なコーディネートになります。

シャツとパンツを合わせたスタイルはどんな人でも簡単に着こなすことができます。選ぶシャツによって相手に与える印象は大きく変わってくることもあるので、選ぶシャツには注意が必要です。

シャツを選ぶときは無地のものよりも、襟元や袖口の形がこだわっているものやストライプ柄やブルー系の色シャツを取り入れるとさわやかな印象を与えることができます。

普段からシャツを着る機会が多い方はもちろん、こだわりがない方にとってもシャツでさわやかさを演出してみることをおすすめします。

ジャケット&シャツ&ノーネクタイ

クールビズでジャケットを着用しない着こなしを紹介しました。仕事をするうえでジャケットを着なければならない状況も出てきます。そういったときにおすすめな着こなしが「ジャケット&シャツ&ノーネクタイ」です。

この着こなしはスーツのジャケットを活かしながら、ネクタイは付けないコーディネートになります。スーツジャケットの柄などによって、着用するシャツなどをかえていくのがおすすめです。例えば、着ているスーツの色がネイビーやグレーなどの地味目な色の場合は、ブルー系の明るめのシャツを合わせることでジャケットとのバランスが取れて、落ち着いた雰囲気になります。

逆にスーツの柄がチェックやストライプなど、主張が強めの場合は、無地のシャツを着ることでまとまりのある着こなしにすることが可能です。

夏用スーツのおすすめコーディネート

「春夏用のスーツのコーディネートの仕方がわからない」

「春夏用スーツのコーディネートで失敗したくない」

という方も多いと思います。そんな方のために、相手に好印象を与えるコーディネートはどういったものがあるかを紹介しますので見ていきましょう。

ベージュのスーツで上品さをたたせる

色が比較的、濃い目であるグレースーツや茶系スーツは、寒くなる時期の秋冬用として好まれて着用されています。

春夏用のスーツは全体的に淡い色が好まれて着用されることが多く、淡いベージュなどを春夏用のスーツとして使用する方も増えてきました。全身を淡い色で合わせることで、涼しげな印象を与えることができるのでおすすめのコーディネートといえます。

ブルー系でインパクトをもたせる

ブルー系と聞くと、コーディネートが難しそうで抵抗があるという方もいるのではないでしょうか。しかし、ブルー系はネイビーと同じ系統なので他のアイテムとも相性がいい色となっています。

ブルー系の無地のスーツには、柄もののネクタイやシャツを合わせることで、関連のあるまとまった印象になります。柄もののアイテムをビジネスに取り入れる場合は、他の2アイテムを無地にするなど、バランスを考えることで落ち着いたコーディネートになります。

グレースーツと柄を合わせてきれいめスタイル

グレーのスーツに柄ものを合わせるテクニックです。スーツ、シャツ、ネクタイのそれぞれに違う柄を使って、Vゾーンを目立たせるコーディネートになります。バランスが取れ、きれいな組み合わせになるので夏のコーディネートにはおすすめです。

柄を統一すると全体的にまとまりが出て、スタイリッシュなコーディネートにすることが可能です。

オーダースーツ専門店「オーダースーツSADA」とは?

ここ数年で数多くのオーダースーツ店がオープンしてきましたが、お店によって特徴などは違います。数多く存在するオーダースーツ店の中でも注目を集めているお店が「オーダースーツSADA」です。

オーダースーツSADAは大正時代に創業したとても歴史のある会社です。今では全国に50店舗を展開しています。歴史が長いだけではなく、オーダースーツ品質満足度やコストパフォーマンス満足度、オーダースーツ接客満足度など多くの部門で1位を獲得してきた実績ある会社です。

オーダースーツSADAのスーツ作成工程には特徴があり、自動設計や自動裁断システムを用いた自社工場を保有しており、ほとんどの工程を自社で行っている点がオーダースーツSADAの強みといえます。

世間一般では「オーダースーツはハードルが高い」といわれていますが、スーツに詳しいスタッフに相談しながらオーダースーツを作れるので、初心者にもたいへんおすすめです。

オーダースーツの作成方法には

・パターンオーダー

・イージーオーダー

・フルオーダー

の3種類があり、各パターンによって作成の仕方が違うことが特徴です。

オーダースーツSADAのスーツ作成方法は自分のサイズや好みに合わせて、こだわったスーツが作れるフルオーダーとなっています。

フルオーダーは自分だけの完全オリジナルスーツを作ることが可能なため、一般的に価格が高くなる傾向にあります。そのイメージだけで、フルオーダースーツの作成を敬遠してしまう方が非常に多いのも事実です。

オーダースーツSADAでは品質、コスパ、デザイン、どれをとっても完璧なオーダースーツを作ることが可能です。既製のスーツと変わらない値段で、フルオーダースーツの作成ができることもあって、幅広い世代から人気になっています。

オーダースーツSADAでは、2022年の新作春夏生地の販売がはじまり、注目にあがる時期でもあります。お気に入りの生地をみつけ、その生地でスーツを作成できるのがオーダースーツの醍醐味でしょう。

まとめ

今回、夏用のスーツについて見てきましたがいかがでしたでしょうか?

春夏用スーツは秋冬用のスーツと比べて、選び方やおすすめの生地などが大きく変わってきます。生地選びや着こなしによって相手への印象が大きく変わってしまいますので、しっかりとしたスーツ選びが必要です。今回、紹介した着こなしをぜひ実践して、周りの人と差をつけてみましょう。

オーダースーツSADAでは2022年の夏用新作生地の販売が開始されました。自分の気に入った生地を見つけて、自分だけのオリジナリティのあるオーダースーツを作ってみてはいかがでしょうか。

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。