面接でここを見られる!転職活動でどんなスーツを選べばいいかをバッチリ紹介!のアイキャッチ画像
面接でここを見られる!転職活動でどんなスーツを選べばいいかをバッチリ紹介!のアイキャッチ画像

面接でここを見られる!転職活動でどんなスーツを選べばいいかをバッチリ紹介!

面接の場はビジネスシーンのひとつであり、失礼のない服装・身だしなみで臨むことが重要です。

面接官はビジネスパーソン同士の場であるというTPOをわきまえているかを見ているわけですね。

ですから、清潔感がなかったり、だらしのない恰好ですと、TPOを判断できない人なのかなと思われてしまいます。

本記事ではどんなスーツを選べばよいのかを紹介していきたいと思います。

転職活動ではどんなスーツを着る?

転職活動で即戦力を求める企業に対して、未経験でフレッシュな印象のあるリクルートスーツでは、逆効果となる可能性があります。そのため、転職活動ではリクルートスーツよりも、仕事ができそうで頼りがいのある印象を与えるビジネススーツがおすすめです。

スーツ選びのポイントとして、清潔感があり、シックで落ち着いたデザインのものを選びましょう。

清潔感が重要

初対面同士のビジネスパーソンに会う際、清潔感はとても重要です。清潔感のない服装ですと、だらしのない印象で、この人に仕事を任せて大丈夫かなという不安を与えてしまいます。

特にネイビーのスーツは清潔感を感じさせる効果があり、おすすめです。

転職を検討している方は「hape」もご参考ください。

身だしなみはどこがチェックされているのか

第一印象は出会って5秒で決まるといわれています。 面接官は服装に清潔感があるか、身だしなみが整えられているかを第一にチェックします。シャツがシワになっていたり、汚れていたりすると、それだけでだらしのない印象を相手に与えてしまいます。

身だしなみを整える事は社会人にとって最低限のマナー、できて当然だと考える面接官もいるでしょう。自分の体に合ったサイズのスーツを選ぶことで、身だしなみを整える事ができて、面接官に与える印象も非常によいものとなります。

スーツは肩幅が大事

スーツは肩で着るものといわれるほど、肩幅は重要です。肩幅が狭いスーツでは背中に横シワができてしまい、窮屈な印象を与えます。また、肩幅が広いスーツでは肩の周辺にシワができてしまい、だらしのない印象を相手に与えてしまいます。

肩幅が自分のサイズに合っているかどうかで、第一印象が大きく変わります。

リクルートと同じ「黒のスーツ」が良いの?

転職活動では黒のスーツ以外にも、ネイビーやグレーなどのダークカラーのスーツがおすすめです。ネイビーのスーツは清潔感を感じさせる効果があり、グレーのスーツは落ち着いた印象を相手に与えます。

志望する企業を事前に研究して、より適したものを選ぶといいでしょう。

転職をご検討中の方は、下記サイトもご参考ください。 人材業界専門の転職エージェント「人材業界転職ルート」 株式会社ファンオブライフ(領域特化型の転職エージェント)

転職活動の身だしなみ例 【メンズ編】

  • スーツ

ネイビーかグレーなど、ダークカラーの落ち着いた色、無地のビジネススーツが基本です。明るすぎるブルーや凝ったデザインのスーツですと、派手に見えてしまい、マイナス評価になってしまいます。

  • ネクタイ

ネクタイの色は、スーツに合わせたものを選びましょう。柄についても無地、小紋、ストライプですとカジュアルになりすぎずオススメです。

  • シャツ

シワのよったシャツはだらしない印象を与えてしまうためNG!シャツには必ずアイロンをかけて、シワができないようにしておきましょう。

シャツは白色の、無地のものを選ぶのが基本です。白色のシャツは襟元や袖が黄ばみやすいため、日常的に手入れをしておきましょう。

転職活動の身だしなみ例 【レディース編】

  • スーツ

ネイビーかグレーが基本ですが、ライトグレーやベージュでも問題ありません。

  • ボトム

パンツでもスカートでも問題ありませんが、ミニスカートなどの体の線が協調されるものはいけません。

  • インナー

白か淡いパステルカラーのブラウスが基本です。第一ボタンを外した時に、胸元が開きすぎないものを選ぶと良いでしょう。

面接で困る服装の疑問①:「服装自由」の許容範囲

服装自由の場合でも、基本はオフィスカジュアル。いかに服装自由とはいえ、就職活動はビジネスの場であることに変わりはありません。

「服装自由=何を着てもいい」というわけではなく、その場にふさわしい服装を選びましょう。遊びに行くようなラフな恰好は避け、フォーマルに見える服装を選ぶとよいでしょう。カバンや靴も統一感のある、革製の素材を使たものですとフォーマルに見えてオススメです。

ジャケットは必ず着用し、基本的には黒や紺などのダークカラーの、無地のものを選びましょう。ボトムはスラックスやチノパンなどの、フォーマルに見えるものがおすすめです。

迷ったらスーツでOK!

服装自由の場合でも、スーツを着ることに問題はありません。あえてスーツを選ぶことで真面目さ、誠実さをアピールする効果もあります。

少なくともスーツで行くことでマイナス評価になることはないので、服装自由でどんな服を着ていけばいいのか迷ったら、あえてスーツを選ぶのもひとつの選択肢です。

スーツといっても、カジュアルなものだとかえって悪印象を与えてしまう場合があるため、フォーマルなビジネススーツがよいでしょう。

面接で困る服装の疑問②:クールビズが導入された会社の夏の面接

企業側からクールビズの指示があった場合には、指示に従いましょう。ノージャケット・ノーネクタイのスタイルが一般的です。

ただし、心配な人はいつも通りのスーツで行っても問題ありません。基本的にはクールビズ指定の面接にジャケット・ネクタイ着用で行ったからと言って、合否に関わるような事はありません。

企業側からクールビズの指示がない場合は、一般的な面接にふさわしい服装で臨みましょう。企業側からの指示がないのに、暑いからクールビズで行こうという、自己判断はいけません。

面接で困る服装の疑問③:冬のコートは脱いだ後どうするのか

まず前提として、コートは訪問先企業の玄関前で脱ぐのが基本です。 コートだけでなく、マフラーや手袋などもこの時に外しておきましょう。

コートを玄関前で脱ぐ理由としては、訪問先で汚れや花粉などを室内に持ち込まないようにするためです。そのため、コートを脱いだ際には軽く手で払うなどして汚れを落としておくのもマナーのひとつです。

訪問先が集合ビルなど、外で脱ぐことができない場合には、エントランスで脱いでも構いません。少なくとも、受付で名乗る前には脱いでおくようにしましょう。

コートのたたみ方

コートを畳むときは裏返しにすることが基本です。これも、室内に汚れを持ち込まないためのマナーですね。

たたみ方の手順としては、手を内側から両肩に入れ、片方を中表になるようにひっくり返して重ねます。その状態で、中ほどで半分に折って片手にかけます。

この時、腕にかけて持ち歩くときれいに見えます。カバンを持つ方とは反対側の腕にかけて持ち歩くようにしましょう。

面接中のコートの扱い

椅子の背もたれにかけるとコートの裾が床についてしまい、コートを汚してしまい衛生的ではありません。

膝の上に置いた場合も、面接中に立ち上がって挨拶をする時に片手にコートを持ったまま行うことになってしまい、面接官に対して失礼になります。

ですので面接中のコートは、先程たたんで腕にかけた状態から、さらに半分に折ってカバンの上に置きましょう。

面接会場にハンガーなどがある場合でも、勝手に使うのはNG!必ず面接官や案内係から勧められてから使うようにしましょう。

正直……面倒ですよね。

面接中のコートは扱いが面倒で、手が塞がってしまうため取り扱いが難しいです。書類を出すときなど、もたついてしまっては見た目的にもスマートでありません。

なので面接に不要な荷物は最寄り駅のロッカーに預けるなど、いっそ着ていかないという選択肢もあります。少なくとも、コートを着ていかない事がマナー違反にはなりません。

ただし、その場合は面接中や面接後に体調を崩す事のないよう、インナーやマフラーなどで防寒対策を行い、体調管理だけはしっかりと行いましょう。

面接で困る服装の疑問【番外編】:証明写真の服装

証明写真は、企業が確認する応募書類の中で唯一、あなたのビジュアルをアピールできるものになります。写真が与える印象は決して小さなものではありません。

証明写真の身だしなみが整っていないと、だらしがなく頼りない人間だと誤解を与えてしまいかねません。なので必ず、ビジネスシーンにふさわしい清潔感のある服装で臨みます。

ネイビーやグレーなどの落ち着いた色のスーツを着用します。シャツは白、ネクタイも派手すぎない色と柄のものを選びましょう。自分の体に合うサイズのスーツを着用する事で、スマートで頼りがいのある印象を作る事ができます。

撮影は自然なほほえみで

服装と同じくらい、証明写真で重要なのは姿勢と表情です。背筋をピンと伸ばして、口を閉じたまま口角を上げ、自然なほほえみを作りましょう。面接対策に関しては、キャリアアップのこちらの記事もご参考ください。

マナーとルールは事前に身に着けて、転職活動に集中する。

いざ転職活動が始まると、時間はあっという間に過ぎてしまうものです。

ですので、転職活動のマナーとルールは事前に身に着けておき、余裕を持って転職活動に臨めるコンディションを作っておきましょう。

ここでは、いくつかの転職活動のマナーとルールを紹介しますので、転職活動を始める前に、事前にチェックしておきましょう。

転職についてはマネープレスのこちらの記事もご参考ください

清潔感のある身だしなみ

冒頭でもお話しましたが、面接官はビジネスパーソン同士の場であるというTPOをわきまえているかを、まずはじめに見ます。

スーツにシワができていたり、身だしなみが整っていないと、だらしのない印象で、仕事を任せても大丈夫なのかと不安を与えてしまいます。

転職活動ではネイビーやグレーなど、落ち着いたダークカラーのビジネススーツが基本。

面接の前日までには、シワと汚れのないスーツやシャツを用意しておきましょう。

あいさつははっきりと元気よく

あいさつの時に面接官の方を向いていなかったり、元気がなかったりすると、そもそもやる気があるのか疑われてしまいます。

面接がはじまったらまず元気に、面接官の目をしっかりと見てあいさつをしましょう。

第一印象は出会って5秒で決まります。元気なあいさつは、コミュニケーションの第一歩です。

面接時はにおいにも注意

人間の五感の中でも香りを感じる嗅覚は、記憶を司る海馬に直接信号を送ることができるといわれています。それだけ、においは良い意味でも、悪い意味でも印象に残ってしまうものになります。

靴やたばこのにおいが自分からしていないか、今一度チェックしてみましょう。

香水はつけてもいいと思いますが、快や不快は人それぞれ、あまりきつい香りのものは避け、量や香りについて一考を。

においは身だしなみの要素の一つ、面接前にはにおいにも注意して身だしなみを整えましょう。

面接は落ち着いて

面接とはその後の人生を大きく左右する分岐点であり、とても緊張が伴うもの。ですが面接官は仕事を任せるに値する人材かどうかを、短い面接の中で判断しなければなりません。

緊張でおどおどしたり、自信がなさそうに見えてしまうと面接官からの印象は悪くなってしまいます。

社会人としてのエチケットと、なにより自信を持って、面接に臨んでください。

キャリアについてお悩みの方はZaPASSの「キャリアコーチング」もおすすめです。

オーダースーツ専門店「オーダースーツSADA」とは?

オーダースーツSADAのおすすめポイント

・本格フルオーダーのスーツを圧倒的な低価格で提供

・初回お試し価格で(税込)21,780円~

※2022年9月20日時点の価格です。価格は変更になることがあります。

・全身20箇所以上の丁寧なサイズ採寸

・専門スタッフがトレンドからスーツマナーまでご案内

・色・柄・ブランド、100種類以上の選べる豊富な生地素材

オーダースーツを初めて作るような方、特殊な体形で既製品のスーツでお悩みがある方などどんな方でもご満足いただけるようにスタッフが生地選びから完全サポート!

丁寧なサイズ採寸で一人一人に合わせたパターンを作成し、最先端のマシーンメイドで本格フルオーダーを実現しています。

オーダーならではの動きやすさ、シルエットの美しさを実感していただけるのはオーダースーツSADAの魅力。

転職活動にピッタリな清潔感のあり、頼りがいのある印象を与えるあなただけのスーツが、オーダースーツSADAでならきっと見つかります。

ぜひ、お気軽にご相談、ご来店ご予約をお待ちしております。

持っていると役立つおすすめの資格はマイナビを参考にしてください。 おすすめのフリーランスエージェントについてはWEBコードを参考にしてください。 転職を検討中の人は20代・30代に特化したスカウト型転職サイトである『タレントスクエア』がおすすめです。 履歴書などで使用するビジネスプロフィールの写真におすすめの写真スタジオは「写真館アワード」のおすすめ写真館紹介記事」もご参考ください。
投稿日
最終更新日

tags