謝罪の場面で知っておきたい正しいスーツのマナー

謝罪の場面で知っておきたいスーツのマナー

社会人をしていると1度は謝罪をしなければならないシーンに遭遇することがありますよね。

そしていざ謝罪に行ったとき少しでもイメージの撤回ができる服装であれば相手の反応も違うのではないでしょうか。

そこで今回は、謝罪の場面で知っておきたいスーツのマナーをピックアップしてご紹介します。

明るい色、彩度の高い色はNG

引用元https://www.aoki-style.com/shop/item/A01_M2023161?colorCode=21&utm_source=google&utm_medium=cpc&utm_campaign=A%7CR%7CM%7Csmartshopping

明るい色味、柄もチェックや、はっきりとしたインパクトのあるストライプは避けましょう。

謝罪よりも服装が目立ってしまってはいけません。

反省している雰囲気のある濃い紺やチャコールグレーといったシンプルな無地のスーツが基本です。

スタイルはシングルの上下

引用元https://www.crestbridge.jp/s/blacklabel/p/51H0160408?istCompanyId=5f95483c-f208-4241-8fdd-4f9a32e65459&istFeedId=474d38f3-b392-4ec6-ab76-e4957f49167c&istItemId=pirxalipr&istBid=t&utm_source=google_pla&utm_medium=cpc&utm_campaign=search_black

スーツのデザインはさまざまですが、

謝罪場面でスリーピースのスーツなどと言った比較的華やかなデザインをチョイスするとあまり良い印象とはいえません。

さらに、ダブルのスーツや、ピーク衿も避けたほうが無難です。

ネクタイは無地

ネクタイもスーツ同様、無地でシンプルなものをチョイスしましょう。

特に、赤やイエローといった相手攻撃するような色味は避けると良いです。

本気の謝罪の気持ちが伝わるように、余計な印象がつかないように、紺のネクタイを選ぶのがおすすめです。

ベルトと靴は黒

先程ご紹介した、謝罪に適したスーツ、チャコールグレーに合わせてベルトと靴は黒にすると良いでしょう。

頻繁に着用されるブラウンは、人によってはカジュアルな印象を持っている方も多いので、謝罪の場で用いるのは控えるのが正しいです。

まとめ

今回は、謝罪の場面で知っておきたい正しいスーツのマナーをご紹介しました。

マナーをしっかり知っておくことは、上司や先方への印象も良くなるのでとっても重要です。

是非参考にしてみてくださいね。

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。